Windows SBS 2011 Essentials のユーザーはダッシュボードから登録・修正・削除を行います。
ユーザー情報は、ActiveDirectoryに格納されていますが、それらの情報を利用する場合は情報を加工する必要があります。
そのため、アドイン開発等でWindows SBS 2011 Essentials のユーザーを取得したい場合は、独自PowerShellを使用すると便利です。

ただし、以前紹介した「Windows Small Business Server 2011 Essentials のユーザーについて 」「Windows Small Business Server 2011 Essentials のユーザーについて  その2」の場合はActiveDirectory のコマンドレッドを使用します。

【SBSのユーザー情報】

Get-WSBSUser
DistinguishedName  CN=SBSAdmin,CN=Users,DC=sample,DC=local
Enabled  True
GivenName  管理者
Name  SBSAdmin
ObjectClass  user
ObjectGUID  xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
SamAccountName  SBSAdmin
SID  S-x-x-xx-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxx
Surname  SBS
UserPrincipalName  SBSAdmin@sample.local

【Active Directory  の情報】

Get-ADUser
CurrentUserPrincipal  SBSAdmin
Info  Microsoft.WindowsServerSolutions.Users.UserInfo
SIDs  {}
LastName  SBS
FirstName  管理者
UserName  SBSAdmin
PersonalInfo  Microsoft.WindowsServerSolutions.Users.PersonalInfo
UserStatus  Enabled
CurrentSid  S-x-x-xx-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxx
RemoteAccess  Allowed
AccessLevel  Administrator
広告