Windows Small Business Server 2011 Essentials には、独自のPowershell コマンドレッドがあります。

ダッシュボードでできる機能のほとんどは、この独自のPowerShell コマンドレットで実行することができます。
例えば、Get-WSSFolder を使えば、ダッシュボードで管理しているフォルダーの一覧が出力されます。
これは、アドイン開発で利用ができると非常に便利だと思います。

コマンドレットは、全部で106個 あります。
コマンド機能については、随時ブログに投稿していこうと思います。

参考までに、Office365 アドインをインストールすると、さらに16個のコマンドレッドが追加されます。

広告