Office 365ネタ初投稿です。

Windows SBS 2011 Essentials のアドインを使うと機能拡張さ、れます。Office365連携のアドインが予定されています。
アドインが入手できるようになる前にOffice365について調べてみました。

ここでは、Office365  for Small Business を対象としています。

まずは、Exchange 管理コンソールをOffice365へ接続するところから始めます。
※Exchange 管理コンソールは、Windows SBS 2011 Std のものを使うことにします。

1.「Windows Live ID サインイン アシスタント」をインストールします。

2.Exchange 管理コンソール を起動します。

3.Exchange フォレストの追加をクリックします。

4.接続先サーバーは、「Exchange Online」を選択し、「OK」をクリックします。
資格情報は、Office 365のWindows Live IDとパスワードを入力します。

5.接続完了です。
上部のMicrosoft Exchange On-Premise は、Windows SBS 2011 Std のExchange になります。

 

広告