Archive for 7月, 2011


Windows SBS 2011 Essentials のドメインにコンピュータを参加させるには、Webブラウザでhttp://サーバー名/connect/ にアクセスします。

通常すでにドメインにホスト名が登録されている場合は、いったんActive Directory から削除するか、リセットする必要があります。
Windows SBS 2011 Essentials の場合は、ウィザードによって同じホスト名がドメインに参加できます。もちろん、同一ホスト名の古いコンピュータはドメインに参加することはできなくなります。

ただし、一つだけ注意が必要です。
新しいコンピューターのバックアップの構成も新しく設定する必要があります。
バックアップを構成する手順は、ダッシュボードより
1.バックアップのカスタマイズを選択し、バックアップを無効にします。
2.バックアップのセットアップを選択し、バックアップを有効にします。

ウイルス対策ソフトのNODが、Windows SBS 2011 Essentials に対応したそうです。
もともと、インストールはできたのですが、どのように変わったか後程、確認してみます。

http://canon-its.jp/supp/eset/notify20110610.html

アドイン パッケージ を作成は、非常に簡単です。

1. Windows インストーラー パッケージ (.msi)を作成します。

2. ダッシュボードに表示させるために必要なメタデータを作成します。

3. アドイン パッケージ を作成するディレクティブファイルを作成します。

4. アドイン パッケージ(.wssx)を作成します。

ということで、最初の「Windows インストーラー パッケージ を作成」です。
ここでは、Windows Installer XML ツールを使ったWindows インストーラー パッケージ作成方法を紹介します。

1-1.Windows Installer XML ツール をSourceForge の Webサイトからダウンロードします。

1-2.インストーラー作成用XMLファイルを用意します。
※インストール先のフォルダーの位置に気を付けて記述します。

<?xml version=’1.0′
encoding=’windows-1252′?><Wix
xmlns=’http://schemas.microsoft.com/wix/2006/wi’&gt;
<Product
Name=’Sample Add-in Server Deployment’
Id=’d21da776-86C7-4D14-AEC0-86416A69ABDE’
UpgradeCode=’d21da776-7349-453F-94F6-BCB5110BA4FD’
Language=’1033′
Codepage=’1252′
Version=‘1.0.0’
Manufacturer=会社名>
<Package
Id=’*’
Keywords=’Installer’
Platform=”x64″
Description=”サンプルインストーラー
Comments=リストビューサンプルアドイン
Manufacturer=会社名
InstallerVersion=’200′
Languages=’1033′
Compressed=’yes’
SummaryCodepage=’1252′ /><Media
Id=’1′
Cabinet=’WSSSampleAddins.cab’
EmbedCab=’yes’
DiskPrompt=”CD-ROM #1″ />
<Property Id=’DiskPrompt’ Value=”Addins Installation [1]”
/>
<Directory Id=’TARGETDIR’ Name=’SourceDir’>
<Directory Id=’ProgramFiles64Folder’ Name=’PFiles’>
<Directory Id=”WindowsServerDir” Name=”Windows
Server”>
<Directory Id=”WindowsServerBinDir”
Name=”Bin”>
<Directory Id=”WindowsServerAddinsDir” Name=”Addins”>
<ComponentId=‘SubTabListviewSampleComponent’Guid=’d21da776-83F1-4F22-985B-FDB3C8ABD4A1′Win64=’yes’><File

Id=‘SubTabListviewSample’

Name=‘SubTabListviewSample.dll’

DiskId=’1′

Source=‘binaries\SubTabListviewSample.dll’
ProcessorArchitecture=’x64′

KeyPath=’yes’>

</File>

</Component>

<Directory
Id=”SubTabListviewSampleDir” Name=”Computers”>

<Component

Id=‘SubTabAddinConfigXMLComponent’

Guid=’d21da776-83F1-4F22-985B-FDB3C8ABD491′

Win64=’yes’>

<File Id=‘SubTabAddinConfigXML’

Name=‘SubTabAddinConfig.addin’

DiskId=’1′

Source=‘binaries\SubTabAddinConfig.addin’
ProcessorArchitecture=’x64′

KeyPath=’yes’>

</File>

</Component>

</Directory>
</Directory>
</Directory>
</Directory>
</Directory>
</Directory>
<Feature Id=’Complete’ Level=’1′>
<ComponentRef Id=‘SubTabAddinConfigXMLComponent’
/>
<ComponentRef Id=‘SubTabListviewSampleComponent’
/>
</Feature>
</Product>

</Wix>

1-3.コマンドプロンプトで、以下のコマンドを入力し、SubTabListviewSample.msi を作成します。
candle.exe SubTabListviewSample.wsx
light.exe -ext WixUIExtention SubTabListviewSample.wixobj
2-1.メタデータ(AddIn.XML)を作成します。

<?xml version=”1.0″
encoding=”utf-8″?><Package
xmlns=”http://schemas.microsoft.com/WindowsServerSolutions/2010/03/Addins&#8221;
xmlns:i=”http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance”&gt;
<Id>969033D5-6895-4EA8-AF0F-623D337BD606</Id>
<Version>1.0.0.0</Version>
<Name>Sample Add-in</Name>
<Allow32BitOn64BitClients>false</Allow32BitOn64BitClients>
<ServerBinary>
<File>
<ProductCode>27848FEA-00E0-454E-A48E-419B1555FD20</ProductCode>
<Version>1.0</Version>
<Name> SubTabListviewSample.msi</Name>
<Filter><Language>en-US</Language>
<IsLanguageFallback>true</IsLanguageFallback>
</Filter>
</File>
</ServerBinary>
<SupportUrl>http://example.com/support.html</SupportUrl&gt;
<PrivacyStatement>http://privacystatement</PrivacyStatement></Package&gt;

3-1.ディレクティブファイル(SubTabListviewSample.ddf)を作成します。最後のEula.rtfは、ソフトウェア使用許諾になります。

.Set CompressionType=LZX
.Set Compress=on
.Set CompressionMemory=21
.Set Cabinet=ON
.Set MaxDiskSize=0
.Set MaxCabinetSize=0
.Set CabinetName1=SubTabListviewSample.wssxAddIn.xml
SubTabListviewSample.msi
Eula.rtf

4-1.コマンドプロンプトで、以下のコマンドを入力し、SubTabListviewSample.wssx を作成します。
makecab/f SubTabListviewSample.ddf