それではさっそくリストビューアドインを作ってみましょう。
使用する環境は、「Visual Studio 2010」 と 「Windows Server Solutions SDK」です。
また、今回ローカルデータベースのアクセスをするために、「Access Database Engine 2010」をサーバーにインストールしています。

1.新しいプロジェクトを作成します。
  使用するテンプレートは、「Dashboard」の「WSS Sub-Tab With ListView」です。
  

2.作成されたソリューションです。
  

3.参照の追加をします。
  「C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Server Solutions\6.1\Library」フォルダー配下の以下のファイルを追加します。
  

広告