Archive for 4月, 2011


Windows SBS 2011 Essentialsは、バックアップからベアメタル回復ができるのですが、工場出荷状態で復旧した場合は、ドメイン名を再度セットアップする必要があります。マイクロソフトからドメインを取得していた場合、以下の手順で再セットアップします。

1.「サーバーの設定」の「リモートWebアクセス」タブを表示する。
  ドメイン名の横にある「セットアップ」ボタンをクリックします。
  

2.ウィザードを開始します。
  

3.既に所有しているドメイン名にマイクロソフトから取得したドメインを入力します。
  

4.Windows Live にサインインします。
  

5.サインイン中!!
  

6.ドメインがセットアップされました。
  

7.登録したドメイン名が表示されていることを確認します。
  

Windows SBS 2011 Essentials で、リモートWebアクセスを利用する場合、ドメイン名のセットアップが必要となります。
独自ドメインを登録することも可能ですが、ここでは、無料のドメイン名をマイクロソフトから取得し、セットアップする方法を紹介します。

1.ダッシュボードにある「サーバーの設定」、「リモートWebアクセス」タブをクリックします。
  ドメイン名の横にある「セットアップ」ボタンを押します。
  

2.ウィザードが起動します。
  

3.「新しいドメイン名をセットアップする」を選択します。
  

4.無料のドメインを取得するために「Microsoftから個人用ドメインを取得する」を選択します。
  

5.Windows Line にサインインします。
  

6.認証中!!
  

7.「承諾」ボタンを押します
  

8.ドメイン名を作成します。利用可能かどうか必ず確認します。
  

9.ドメイン名の登録を行います。
  

10.ドメイン名のセットアップが完了しました。
  

11.リモートWebアクセスタブにあるドメイン名に取得したドメイン名が表示されていることを確認します。
  

Windows SBS 2011 Essentials のインストール時に設定する各種項目の命名規則についてまとめました。

文字数 命名規則
会社名 最大 254 文字
内部ドメイン名 15 文字まで 文字、数字、ハイフン (-) を含めることができます。
ダッシュで開始することはできません。
スペースを含めることはできません。
数字のみで構成することはできません。
サーバー名 15 文字まで 文字、数字、ハイフン (-) を含めることができます。
ダッシュで開始することはできません。
アカウント名
(管理者、標準のユーザー)
19 文字まで  / \ ” [ ] | < > + = ; , ? は使用できません。
ピリオドで開始または終了することはできません。
連続する 2 個のピリオドを含めることはできません。
サーバー名または内部ドメイン名と同じ名前にすることはできません。
“Administrator”、”Guest” など、定義済みユーザー名と同じ名前にすることはできません。
パスワード
(管理者、標準のユーザーアカウント)
8 文字以上 複雑性を満たす

サポートされるのは、Windows Server 2008 R2 SP1のみです。

1.Webブラウザから「http://サーバー名/connent/」にアクセスします。
Windows用ソフトウェアをダウンロードをクリックします。

2.実行ボタンをクリックします。

3.「次へ」をクリックします。

4.警告を無視します。

5..Net Framework 4.0 がインストールされる旨が表示されます。

6.ユーザーアカウントとパスワードを入力します。

7.ユーザーが管理者の場合は、別のアカウントを使用するようにという警告が表示されます。
ここでは、「いいえ」を選択します。

8.再起動します。

9.チャックを外し、「次へ」をクリックします。

10.コンピューターの説明を入力します。

11.バックアップの方法を指定します。

12.「次へ」をクリックします。

13.完了です。

14.ダッシュボードに表示されます。

スタートパッドの設定を変更することができます。 変更できる項目は、

・ ログオン時にスタートパッドを起動するかどうか
・ 右下のアラートの表示範囲(なし、ローカル、ネットワーク) です。

1.スタートパッド右上の▼をクリックします。

2.スタートパッドの設定を選択すると以下のダイアログバックスが表示され、それぞれの項目の設定が変更できます。

WSBS 2011 Std で 独自に取得しているログについてまとめました。
すべてテキストで保存されています。

<保存場所>
C:\ProgramData\Microsoft\Windows Server\Logs

iPod touch で、Windows SBS 2011 Standard のリモートWebアクセスにアクセスしてみました。
ファイル共有の機能だけが使えました。
ファイルはダウンロード(見るだけ)できます。

機能的には、Windows SBS 2011 Essentials のリモートWebアクセス と同じみたいです。

<ログイン画面>

<ログイン後>

<ファイルアクセス>

iPod touch で、Windows SBS 2011 Essentials のリモートWebアクセスにアクセスしてみました。
ファイル共有の機能だけが使えました。
ファイルはダウンロード(見るだけ)できます。

<ログイン画面>

<ログイン後>

<ファイルアクセス>

Windows SBS 2011 Essentials では、バックアップからクライアントコンピューター復旧させることができます。その時使われる起動用CDが提供されていますが、USBメモリでを使って、復旧させることができます。
このときに使用する、USBメモリは、ダッシュボードから作成をします。

1.「コンピューターとバックアップ」タブの追加のクライアントコンピューターのバックアップタスクをクリックします。
  

2.ツールタブにあるコンピューターの回復の「キー作成」ボタンをクリックします。
  

3.「次へ」をクリックします。
  

4.USBフラッシュドライブを選択して、「次へ」をクリックします。
  

5.ファイルをコピー中です。
  

6.完了です。作成されたUSBフラッシュドライブを使ってリストアするコンピューターを起動します。
  

Microsoft-Windows-DistributedCOM 以外は、解決方法がなく、無視していいようです。

Source Microsoft-SharePoint Products-SharePoint Foundation
EventID 6772
Message There was an internal error invoking the timer job ‘{6486B72C-3B64-44D3-8117-1E48A4A1E4B8}’ for service ‘{3099C545-3246-44A6-A610-C95D350C64D3}
Source Microsoft-SharePoint Products-SharePoint Foundation
EventID 6398
Message The Execute method of job definition Microsoft.SharePoint.Search.Administration.SPSearchJobDefinition (ID 67371ad5-7be6-42ba-8b9b-30ae9c54d935) threw an exception. More information is included below. Timeout expired. The timeout period elapsed prior to completion of the operation or the server is not responding
Source Microsoft-Windows-DistributedCOM
EventID 10016
Message アプリケーション固有 のアクセス許可の設定では、CLSID {61738644-F196-11D0-9953-00C04FD919C1} および APPID {61738644-F196-11D0-9953-00C04FD919C1} の COM サーバー アプリケーションに対するローカルアクティブ化のアクセス許可を、アドレス LocalHost (LRPC 使用) のユーザー SMALLBUSINESS\spfarm SID (S-1-5-21-2173775888-2814203182-2852598519-1157) に与えることはできません。このセキュリティ アクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使って変更できます。
Source MSExchange CmdletLogs
EventID 6
Message コマンドレットが失敗しました。コマンドレット Get-User、パラメーター {Identity=NT AUTHORITY\SYSTEM}。
Source VSS
EventID 8230
Message ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: アカウント spsearch を解決できませんでした。状態: 1376。ドメイン コントローラーへの接続と、VssAccessControl レジストリ キーを確認してください。
Source Microsoft-Windows-WinRM
EventID 142
Message WSMan の操作 SignalShell に失敗しました。エラー コード 995
Source Microsoft-Windows-WinRM
EventID 129
Message ネットワーク レイヤーから応答を受信しました。状態: 401 (HTTP_STATUS_DENIED)

Windows SBS 2011 Standard Known Post Installation Event Log Errors and Warnings