このタスクは必須です。

いよいよ移行の最終タスクになります。
ここでは、移行元サーバーの削除を行います。
このタスクは、ウィザードから直接移行をしません。
それぞれ各ユーティリティを使用して以下のとおり移行していきます。

  • Exchange Server 2007 をアンインストール
  • Active Directory 証明書サービスを削除
  • 移行元サーバーを降格
  • 移行元サーバーをネットワークから削除
  • 移行先サーバーでソフトウェア更新プログラムのグループ ポリシー オブジェクトを編集

<Exchange Server 2007 をアンインストール>
1.「サーバーからの Exchange 2007 を完全に削除する方法」に従い、Exchange Server 2007 をアンインストールします。

<Active Directory 証明書サービスを削除>
1.移行元サーバーにドメイン管理者としてログオンします。

2.スタートから「管理ツール」、「サーバー マネージャー」の順にクリックします。

3.「役割の概要」 セクションで、「役割の削除」 をクリックします。

4.役割の削除ウィザードで、「次へ」 をクリックします。

5.「Active Directory 証明書サービス チェック ボックスをオフにし、「次へ」 をクリックします。

6.「削除オプションの確認」 ページで、情報を確認し、「削除」 をクリックします。

7.役割の削除ウィザードが完了したら、アンインストール プロセスを完了するには、サーバーを再起動します。

<移行元サーバーを降格>
1.移行元サーバーで、スタートから「ファイル名を指定して実行」を順にクリックし、「dcpromo」と入力します。

2.「次へ」 を クリックします。
  

3.「次へ」 を クリックします。
   「このサーバーはドメインの最後のドメイン コントローラです」 はチェックしません。
  

4.「次へ」 を クリックします。
   「このサーバーを指しているDNS委任を削除する」 はクリックしません。
  

5.パスワードを入力します。
  

6.「概要」 ダイアログ ボックスによって、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) がコンピューターから削除され、サーバーがドメインのメンバーになることが通知されます。「次へ」 をクリックします。
  

7.「完了」 をクリックします。移行元サーバーを再起動します。
  

<移行元サーバーをネットワークから削除>

1.移行先サーバー上で、スタートから 「管理ツール」、「Active Directory ユーザーとコンピューター」 をクリックします。

2.「Active Directory ユーザーとコンピューター」 ナビゲーション ウィンドウで、「<ドメイン名>」、「My Business」、「Computers」、「SBSComputers」 の順に展開します。

3.移行元サーバー名がまだサーバーのリストにある場合、移行元サーバー名を右クリックして 「削除」、「はい」 をクリックします。

4.移行元サーバーが一覧にないことを確認してから、「Active Directory ユーザーとコンピューター」 を閉じます。

<移行先サーバーでソフトウェア更新プログラムのグループ ポリシー オブジェクトを編集>
1.移行先サーバー上で、スタートから 「管理ツール」、「グループポリシーの管理」 をクリックします。

2.グループ ポリシー管理コンソールのナビゲーション ウィンドウで、 「フォレスト: <DomainName>」、「< ドメイン>」、「<ドメイン名>」、「グループ ポリシー オブジェクト」 をクリックします。

3.「Update Services Server Computers Policy」 をクリックします。

4.「スコープ」 をクリックします。

5.「セキュリティ フィルター処理」 セクションで、 S-1-5で始まるオブジェクトを削除します。 
  
  

<Windows SBS 2011 Std Best Practices Analyzer の実行>
1.最後にWindows SBS 2011 Std Best Practices Analyzerを実行し、エラーがないことを確認します

  

広告