これは必須タスクです。
このウィザードは、DNSサービスやDHCPサービスと深くかかわっています。

1.インターネットへの接続ウィザードを開始しますをクリックします。
  

2.「次へ」をクリックします。
  

3.既存のネットワークとルーターの検出を行います。
  

4.構成を確認し、「次へ」をクリックします。
  

5.構成が完了しました。
  

6.条件によっては、ネットワークの構成が失敗することがあります。
 この場合は、DHCPサービスの再起動ができなかったために失敗しました。
 移行先サーバーのIPv6プロトコルを無効にすることで、DHCPサービスの再起動ができるようになりました。
 

広告