いよいよ、移行ウィザードを実行します。
この段階では、21日間だけ移行元、移行先でドメインが統合されていますので、ADに登録されている内容を自由に利用することができます。

1.Windows SBS コンソールを起動し、Windows SBS への移行をクリックします。
 

2.次へをクリックします。
  

3.各移行プロセスを実行します。
  

注意: 移行ウィザードは、ビルトインのAdministrator では起動することができません。
    既存のネットワーク管理者でログオンしなおすか、新しくネットワーク管理者を作成しログオンする必要があります。

  

移行プロセスは、次の通りです。

  • 移行先サーバーのデータ格納先の変更
  • ネットワークの構成
  • インターネット アドレスの構成
  • ネットワーク設定の移行
  • Exchange のメールボックスと設定の移行
  • レガシ グループ ポリシー オブジェクト、およびログオン設定の削除
  • ユーザーの共有データの移行
  • 内部 Web サイトの移行
  • FAX データの移行
  • ユーザー アカウントとグループの移行
  • Windows Update Services データの移行
  • 移行の完了
広告