CentOS5.5をWindows Server 2008 R2 SP1のHyper-V上で、動かしてみました。
CentOS5.5のインストールです。

1.CentOSのisoファイルをダウンロードします。
   http://www.centos.org/

2.ネットワークは、「レガシネットワークアダプタ」を設定します。
  

3.インストール画面です。ここでは、「ENTER」キーを押します。
  

4.ダウンロードしたisoをチェックします。必要ががない場合は、「Skip」を選択します。
  

5.テストを開始します。
  

6.テストに合格しました。
  

7.「Continue」を選択し、インストールの準備を開始します。
  

8.GUIのインストール画面が表示されますので、「Next」を選択します。
  

9.言語の選択をし、「Next」を選択します。
  

10.キーボードタイプを選択し、「次へ」を選択します。
  

11.パーティションテーブルが読み込めない警告画面が表示されますが、そのまま「はい」を選択します。
  

12.パーティションに関する設定をし、「次へ」を選択します。
  

13.警告画面が表示されますので、そのまま「はい」を選択します。
  

14.ネットワークデバイス、ホスト名などを設定し、「次へ」を選択します。
  

15.地域を選択し、「次へ」を選択します。
  

16.rootのパスワードを設定し、「次へ」を選択します。
  

17.ソフトウエアのインストール設定をし、「次へ」を選択します。
 ここでは、今すぐカスタマイズするを選択しました。
  

18.詳細なアプリケーションを選択します。
  

19.インストールに必要な設定が終わりましたので、インストールを開始します。
  

20.インストールの途中の画面です。
  

21.「再起動」をするとインストールが完了します。
  

22.ログイン画面
  

<Hyper-V 2.0統合サービスのインストール>
 「CentOS5.3 に Hyper-V 2.0統合サービスをインストールしました。」に従って、インストールします。

広告