フェールオーバークラスターでは、クラスタークラスターやハードウェアの構成に変更したら、構成の検証ウィザードを実行する必要があります。

しかし、ウィザードだと入力など少し手間がかかります。また、検証結果のレポートがデフォルトで、C:\Windows\Cluster\Reports へ保存されます。

これらは、PowerShellを使うことで、解決することができます。

1.構成の検証を実行する。
PS > Test-Cluster

Mode LastWriteTime Length Name
-a— 2011/01/06 00:00 827634 Test-ClusterRep.mht

2.ノードを指定して、構成の検証を実行する。
PS > Test-Cluster -Node MSCS-N3,MSCS-N4

Mode LastWriteTime Length Name
-a— 2011/01/06 00:00 827634 Test-ClusterRep.mht

3.テストする項目を指定して、構成の検証を実行する。
PS > Test-Cluster -Include インベントリ,クラスター構成

Mode LastWriteTime Length Name
-a— 2011/01/06 00:00 715614 Test-ClusterRep.mht

4.一部テストを除いて、構成の検証を実行する。
PS > Test-Cluster -Include 記憶域

Mode LastWriteTime Length Name
-a— 2011/01/06 00:00 800635 Test-ClusterRep.mht

5.構成レポートの保存先を指定して、構成の検証を実行する。
 このとき、ファイルの拡張子までは入力しません。
PS > Test-Cluster -ReportName c:\ClusterReport

Mode LastWriteTime Length Name
-a— 2011/01/06 00:00 827634 ClusterReport.mht

構成に警告がある場合は、画面上に黄色の文字で表示されます。
PS > Test-Cluster
警告: 記憶域 – 利用可能なクラスター ディスクを一覧表示: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – Microsoft MPIO ベースのディスクの検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – SCSI デバイス重要製品データ (VPD) の検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – SCSI-3 永続的な予約の検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – ディスク アクセス待ち時間検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – ディスク判別検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – 複数判別の検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – ディスク フェールオーバー検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – ファイル システム検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告: 記憶域 – 同時フェールオーバー検証: テストでいくつかの警告が報告されました。。
警告:
テスト結果:
HadUnselectedTests, ClusterConditionallyApproved
選択されたテストは完了しました。レポート内の警告を確認する必要があります。Microsoft がクラスター
ソリューションをサポートするのは、すべてのクラスター検証テストに合格する場合のみです。
テスト レポート ファイルのパス: C:\Users\admin\AppData\Local\Temp\Test-Cluster on 2011.01.07 At 00.52.38.mht

広告