SQL Server 2008 の データコレクション

SQL Server のパフォーマンス監視ツールがいくつかあります。
その中のデータコレクションについて紹介します。

データコレクションは、SQL Server Management Studio(SSMS) にあります。
次のようにサーバーの状態が一目でわかるレポートが3種類用意されています。
・ クエリ統計
・ サーバーの利用状況
・ ディスク使用量

それでは、データコレクション が使えるように設定をします。

1.SSMS >管理>データコレクションと展開し、右クリックのメニューから「管理データウェアハウスの構成」を選択します。

2.「管理データウェアハウスを作成またはアップグレードする」を選択します。

3.管理データウェアハウス をホストするサーバーとデータベースを作成するために、新規作成ボタンを押します。

4.データベース名を入力して、管理データベースを作成します。

5.管理データベース

6.ユーザーとロールを選択します。

7.管理データベースが作成されました。

8.SSMS >管理>データコレクションと展開し、右クリックのメニューから「管理データウェアハウスの構成」を選択します(1.と同じ)。

9.「データ コレクションをセットアップする」を選択します。

10.先ほど作成した管理データベースとキャッシュディレクトリを設定します。

11.設定完了!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。