前回、SQL Server 2008 のデータコレクション の設定方法について書きました。
これで、データコレクションは有効になりましたが、データの取集は開始されません。

<データコレクターの動作>
SSIS パッケージを SQL Server エージェントジョブでスケジュールによって実行することによってデータが収集されます。
すなわち、SQL Server エージェントサービスが開始されている必要があります。

<アップロードの方法>
管理データウェアハウスのある監視サーバーへ収集したデータをアップロードする方法は次の2種類です。
1.キャッシュを使用してアップロードする方法
2.キャッシュなしで直接アップロードする方法

<システムデータコレクションセット>
システムデータコレクションは次の設定となっています。
クエリ統計
収集モード : キャッシュ、10秒間隔
アップロード: 15分間隔
データ保持 : 14日

サーバーの利用状況
収集モード : キャッシュ、60秒間隔
アップロード: 15分間隔
データ保持 : 14日

ディスクの使用量
収集モード : キャッシュなし
アップロード: 6時間間隔
データ保持 : 730日

広告