引き続き Microsoft iSCSI Software Target を設定します。

1.Microsoft iSCSI Software Target の管理画面を起動し、デバイスを新しく作成します。
 

2.「次へ」をクリック
 

3.仮想ディスクファイルのパスを指定します。
 

4.仮想ディスクの容量を指定します。
 

5.仮想ディスクの説明を入力します。
 

6.「追加」ボタンを押して、iSCSI ターゲットを指定します。
 

7.ターゲット名が表示されたら、「次へ」をクリックします。
 

8.ウィザード完了
 

9.必要な仮想ディスクを追加していきます。
 

10.各ノードでディスクを有効にします。ほかのノードはシャットダウン。
 
 

広告