Windows 7 では、Windows Anytime Upgrade(WAU) を利用することで、上位エディションへ変更することができます。
このとき、ライセンスキーの再入力をすることによって、再インストールをすることなく、今までの環境のままエディションの変更をすることができます。

Windows SBS 2011 Essentials に参加したWindows 7 も WAU によってエディションの変更が可能です。

例えば、Windows SBS 2011 Essentials に登録されている「Windows 7 Home Premium」を 「Windows 7 Ultimate」へ変更することができます。
ここで重要なことは、エディションの変更ができたということではありません。

認証モードが変更されないということです。
すなわち、Windows 7 Ultimate にもかかわらず、シングルサインオン(ドメイン参加)されていないということです。

それならば、クライアントの登録で認証モードの選択ができる(AD参加モード、非参加モード)といいかなと思ったりします。

広告