前回は、ADFS2.0 を構成するにあたって、SSL 証明書の注意事項について書きました。

 Windows Small Business Server 2008 へ ADFS2.0 を実装する ~ SSL 証明書

このときのウィザード画面をよく見ると、IISに関しても注意しなければいけません。
既定のWeb サイトのSSL 証明書の・・・」
 

すなわち、「既定のWebサイト」が必要です。

この段階では、「既定のWebサイト」にSSL 証明書は必須ではありません。
ウィザード完了後に自動的に SSL 証明書をバインドしてくれます。

SBS2008 では、「SBS Web Application」サイトが同じポートを使用しているので、
既定のWebサイトは停止してしまいまいます。

この場合、FSConfig.exe を使って、別ポートを指定してADFSの設定をします。

広告