The Official SBS Blog で、次期SBSの正式名称、ライセンス体系などが発表されました。

日本語の名称はどうなるかわかりませんが、次期SBSは次の3種類になります。

○Windows Small Business Server 2011 Essentials (Aurora)
 クラウドなどインターネット上の電子メール・CRM・会計サービスと連携を重視した軽量なエディション。
 クラウド連携に必要な認証サービスを搭載しており、様々なインターネット上のサービス連携がスムーズに行える。そのため、アドイン拡張が容易にできる。CALは最大25。

 データシート

 現在、平日の夕方に「Auroraアドイン開発(入門編・応用編)セミナー」を開催中。
 申し込みは、こちらから。

 

Windows Small Business Server 2011 Standard 
 現行のWindows Small Business Server 2008 Standardの後継。
 電子メール、社内ポータル、社内コンピュータの管理など、企業ビジネスに必要な最低限の機能を有するエディション。CALは最大75。

 データシート

 

Windows Small Business Server 2011 Premium Add-on
 現行のWindows Small Business Server 2008Premium の後継。
 Standard にデータベースサーバーが追加されたエディション。SQLサーバーに標準搭載の分析機能も使うことができる。CALは最大75。

Windows Small Business Server Family 概要

広告