SBSv7 をインストールでは、Isoファイルが 6GB あったので、16GBのフラッシュメディアを使ってインストールしました。
 フラッシュメディアで起動ディスクを作るには、「Windows 7 USB/DVD Download Tool」を使ってインストールディスクを作成しました。
 Windows 7用ではありますが、Windows Server 2008 R2ベースである、SBSv7 でも使うことができました。
 
 インストールディスクを作成する手順は以下の通りです。
 
 1.ISO ファイルの選択をします。
  
 
 2.USB ドライブ(もしくは、DVDドライブ)を選択します。
  
 
 3.選択されたドライブの内容を読み取ります。
  
 
 4.空きスペースが足りない場合の警告
  
 
 5.起動ディスク作成中
  
 
 6.起動ディスク作成完了
  
 

広告