Archive for 8月, 2010


 
 SQL Server 2008 以降 DTSパッケージを編集する方法はいくつかあります。
 
 1.Execute Package Utility
 2.SQL Server Business Intelligence Development Studio
 3.Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2.0
 
私のお勧めは、3番の「Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2.0」です。
このアプリは、Visual Studio版 XMLエディターですね。軽量な動作、簡単なコードのチェックなどができます。
ただし、間違えて編集を行ってしますとDTSXパッケージを壊してしまう、もろ刃の剣的なアプリです。
 
2番の「SQL Server Business Intelligence Development Studio」はとてもわかりやすいアプリケーションではありますが、
自動的に内容を検証するので、利用する場面によって、善し悪しがあります。
 
1番目の「Execute Package Utility」は、検証には便利ですが、一部分しか編集することができません。
 
 
広告
 
SQL ServerのメンテナンスプランをGUIで削除できない場合は、以下SQLを実行したのちにジョブが削除できるようになります。
 
——–実行するクエリ———————– 
‘登録されているメンテナンスプランを表示
 Use MSDB
 GO
 Select * from sysmaintplan_subplans
 GO
 
‘該当のメンテナンスプランを削除
 delete from sysmaintplan_subplans Where subplan_id = ‘378B51AF-9B8B-48AE-8FFD-E4284465A736’
 GO
 Select * from sysmaintplan_subplans
 GO

——–実行するクエリ———————–