【SSAS】メジャーのカウント方法について

 
 
 SSASでは、メジャーの集計方法にはいくつかの種類が選択できます。
 
 このうち、個数を集計は 「Count」 と 「DistinctCount」 2つの種類があります。
 開発者のみなさんならこの2つ違いを簡単に説明できると思いますが、開発畑でない私には、無駄な時間を
 
 ということで、調べてみました。
   「Count」     集計対象の個数(セル数)をカウントします。
  「DistinctCount」  重複しない空以外の組数をカウントします。
 
  集計対象
 -------
  AAA  1
  BBB  4
  CCC  3
  BBB  2
 
 このようなデータがあった場合、
   Countでは、4件
   DistinctCountでは、3件
 として集計されます。メジャーの集計方法は、集計対象のプロパティにある「AggregateFunction」で変更できます。
 
 
広告
カテゴリー: SQL Server 2008 R2. タグ: . Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。