Archive for 5月, 2010


 
今までは、以下の 9つを紹介しました。
 
 
今度は、所属しているグループを取得してみましょう。所属しているグループは、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\> Get-ADPrincipalGroupMembership Administrator| Format-Table -Property name, GroupCategory, GroupScope, objectClass -Auto
【SBS2003】
 name                        GroupCategory  GroupScope  objectClass
 —-                        ————-  ———-  ———–
 Domain Users                Security       Global      group
 Administrators              Security       DomainLocal group
 Schema Admins               Security       Universal   group
 Enterprise Admins           Security       Universal   group
 Domain Admins               Security       Global      group
 Group Policy Creator Owners Security       Global      group
 Mobile Users                Security       Universal   group
【SBS2008】
 name                                 GroupCategory  GroupScope  objectClass
 —-                                 ————-  ———-  ———–
 Domain Users                         Security       Global      group
 WSS_ADMIN_WPG                        Security       DomainLocal group
 Administrators                       Security       DomainLocal group
 Schema Admins                        Security       Universal   group
 Enterprise Admins                    Security       Universal   group
 Domain Admins                        Security       Global      group
 Group Policy Creator Owners          Security       Global      group
 Exchange Organization Administrators Security       Universal   group
 
広告
 
今までは、以下の 8つを紹介しました。
 
 
今度は、グループのメンバーを取得してみましょう。グループのメンバーは、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\> Get-ADGroupMember Administrators | Format-Table -Property name, objectClass -Auto
【SBS2003】
 name                                 objectClass
 —-                                 ———–
 Exchange Organization Administrators group
 Domain Admins                        group
 Enterprise Admins                    group
 Administrator                        user

【SBS2008】
 name                                 objectClass
 —-                                 ———–
 Exchange Organization Administrators group
 Domain Admins                        group
 Enterprise Admins                    group
 Administrator                        user
 
 
今までは、以下の 7つを紹介しました。
 
 
今度は、RootDSE の情報を取得してみましょう。RootDSEの情報は、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\>Get-ADRootDSE
 
【Small Business Server 2003】 【Small Business Server 2008】
configurationNamingContext
currentTime
defaultNamingContext
dnsHostName
domainControllerFunctionality
domainFunctionality
dsServiceName
forestFunctionality
highestCommittedUSN
isGlobalCatalogReady
isSynchronized
ldapServiceName
namingContexts
rootDomainNamingContext
schemaNamingContext
serverName
subschemaSubentry
supportedCapabilities
supportedControl
supportedLDAPPolicies
supportedLDAPVersion
supportedSASLMechanisms
configurationNamingContext
currentTime
defaultNamingContext
dnsHostName
domainControllerFunctionality
domainFunctionality
dsServiceName
forestFunctionality
highestCommittedUSN
isGlobalCatalogReady
isSynchronized
ldapServiceName
namingContexts
rootDomainNamingContext
schemaNamingContext
serverName
subschemaSubentry
supportedCapabilities
supportedControl
supportedLDAPPolicies
supportedLDAPVersion
supportedSASLMechanisms
  
  
 
 5月27日のテックフィールダーズセミナーに向けてPPTの資料を作っています。
 
 Windows 2008 R2 + PowerPoint 2010 の環境で、明らかに遅い。
 ページを切り替えるのに2呼吸ぐらい遅れる。
 
 数日前、勉強会で同じ環境でつかったのですが、遅くはなかった。
 このときのPPTは、テキストが主だったので、あまり気にならなかった。
 
 同じマシンで、
 Windows 7 + PowerPoint 2010 のときには、遅れはないスムーズだ。
 
 そういえば、Office2010では、高速化をするためにグラフィック プロセッサー要件が追加されていることを思い出した。
 
 
 
 PowerPoint の設定を確認すると、ありました。
 「PowerPoint の オプション」、「詳細設定」にある「表示」の「ハードウエアのグラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックを入れます。
 
 これで、再度スライドショーを確認すると、もたつき感がなくなりました。
 PowerPoint の スライドショーが遅いと感じた場合は、試してみてはいかがですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今までは、以下の 6つを紹介しました。
 
 
今度は、ドメインコントローラーの情報を取得してみましょう。ドメインコントローラーの情報は、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\>Get-ADDomainController -Filter { Name -like "WSBS0*" }
 
【Small Business Server 2003】 【Small Business Server 2008】
ComputerObjectDN
DefaultPartition
Domain
Enabled
Forest
HostName
InvocationId
IPv4Address
IPv6Address
IsGlobalCatalog
IsReadOnly
LdapPort
Name
NTDSSettingsObjectDN
OperatingSystem
OperatingSystemHotfix
OperatingSystemServicePack
OperatingSystemVersion
OperationMasterRoles
Partitions
ServerObjectDN
ServerObjectGuid
Site
SslPort
ComputerObjectDN
DefaultPartition
Domain
Enabled
Forest
HostName
InvocationId
IPv4Address
IPv6Address
IsGlobalCatalog
IsReadOnly
LdapPort
Name
NTDSSettingsObjectDN
OperatingSystem
OperatingSystemHotfix
OperatingSystemServicePack
OperatingSystemVersion
OperationMasterRoles
Partitions
ServerObjectDN
ServerObjectGuid
Site
SslPort
 
すでにSBS03の時から、IPv6の情報を保持できるようになっていたんですね。
  
 
今までは、以下の 5つを紹介しました。
 
 
今度は、ドメインの情報を取得してみましょう。ドメインの情報は、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\>Get-ADDomain
 
【Small Business Server 2003】 【Small Business Server 2008】
AllowedDNSSuffixes
ChildDomains
ComputersContainer
DeletedObjectsContainer
DistinguishedName
DNSRoot
DomainControllersContainer
DomainMode
DomainSID
ForeignSecurityPrincipalsContainer
Forest
InfrastructureMaster
LastLogonReplicationInterval
LinkedGroupPolicyObjects
LostAndFoundContainer
ManagedBy
Name
NetBIOSName
ObjectClass
ObjectGUID
ParentDomain
PDCEmulator
QuotasContainer
ReadOnlyReplicaDirectoryServers
ReplicaDirectoryServers
RIDMaster
SubordinateReferences
SystemsContainer
UsersContainer
AllowedDNSSuffixes
ChildDomains
ComputersContainer
DeletedObjectsContainer
DistinguishedName
DNSRoot
DomainControllersContainer
DomainMode
DomainSID
ForeignSecurityPrincipalsContainer
Forest
InfrastructureMaster
LastLogonReplicationInterval
LinkedGroupPolicyObjects
LostAndFoundContainer
ManagedBy
Name
NetBIOSName
ObjectClass
ObjectGUID
ParentDomain
PDCEmulator
QuotasContainer
ReadOnlyReplicaDirectoryServers
ReplicaDirectoryServers
RIDMaster
SubordinateReferences
SystemsContainer
UsersContainer
 
ここで、DomainMode は、
 SBS2008 は、「Windows2003Domain」
 SBS2003 は、「Windows2000Domain」
と表示されます。
 
今までは、以下の 4つを紹介しました。
 
 
今度は、フォレストの情報を取得してみましょう。フォレストの情報は、次のコマンドで取得できます。
 
  PS AD:\>Get-ADForest
 
【Small Business Server 2003】 【Small Business Server 2008】
ApplicationPartitions
CrossForestReferences
DomainNamingMaster
Domains
ForestMode
GlobalCatalogs
Name
PartitionsContainer
RootDomain
SchemaMaster
Sites
SPNSuffixes
UPNSuffixes
ApplicationPartitions
CrossForestReferences
DomainNamingMaster
Domains
ForestMode
GlobalCatalogs
Name
PartitionsContainer
RootDomain
SchemaMaster
Sites
SPNSuffixes
UPNSuffixes
 
ここで、ForestMode は、
 SBS2008 は、「Windows2003Forest」
 SBS2003 は、「Windows2000Forest」
と表示されます。
  
 
今までは、以下の3つを紹介しました。
 
 
今度は、OUを検索してみましょう。Active Directory のOUは、次のコマンドで検索できます。
 
  PS AD:\>Get-ADOrganizationalUnit -Filter { Name -eq "MyBusiness" } -Properties *
 
以下のオブジェクト情報が取得できます。実に様々な情報が取得できます。
OUでも、まったく同じでした。
 
【Small Business Server 2003】 【Small Business Server 2008】
CanonicalName
City
CN
Country
Created
createTimeStamp
Deleted
Description
DisplayName
DistinguishedName
dSCorePropagationData
instanceType
isDeleted
LastKnownParent
LinkedGroupPolicyObjects
ManagedBy
Modified
modifyTimeStamp
Name
nTSecurityDescriptor
ObjectCategory
ObjectClass
ObjectGUID
ou
PostalCode
ProtectedFromAccidentalDeletion
sDRightsEffective
State
StreetAddress
uSNChanged
uSNCreated
whenChanged
whenCreated
CanonicalName
City
CN
Country
Created
createTimeStamp
Deleted
Description
DisplayName
DistinguishedName
dSCorePropagationData
instanceType
isDeleted
LastKnownParent
LinkedGroupPolicyObjects
ManagedBy
Modified
modifyTimeStamp
Name
nTSecurityDescriptor
ObjectCategory
ObjectClass
ObjectGUID
ou
PostalCode
ProtectedFromAccidentalDeletion
sDRightsEffective
State
StreetAddress
uSNChanged
uSNCreated
whenChanged
whenCreated
  
  
 
「PowerShell の コマンド数」についてまとめてみました。
 SBS2008のドメインに参加している Windows Server 2008 R2 でのカウントです。
Get コマンドが多いですね。 
コマンド PowerShell ActiveDirectory ADRMS AppLocker BestPractices BitsTransfer ServerManager TroubleshootingPack WebAdministration
Add
Backup
Checkpoint
Clear
Compare
Complete
Connect
Convert
ConvertFrom
ConvertTo
Copy
Debug
Decode
Disable
Disconnect
Enable
Encode
Enter
Exit
Export
ForEach
Format
Get
Group
Import
Install
Invoke
Join
Limit
Measure
Move
New
Out
Pop
Push
Read
Receive
Register
Remove
Rename
Reset
Resolve
Restart
Restore
Resume
Search
Select
Send
Set
Show
Sort
Split
Start
Stop
Suspend
Tee
Test
Trace
Undo
Uninstall
Unlock
Unregister
Update
Use
Wait
Where
Write
6
0
1
6
1
1
1
1
3
4
2
1
0
4
1
5
0
1
1
8
1
4
46
1
7
0
6
1
1
2
2
17
7
1
1
1
1
4
14
2
1
1
2
1
1
0
3
1
19
1
1
1
6
5
1
1
5
1
1
0
0
2
3
1
3
1
8
5
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
2
0
0
0
0
0
0
22
0
0
1
0
0
0
0
3
7
0
0
0
0
0
0
12
1
1
0
0
1
0
1
0
0
15
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
1
0
2
0
0
0
0
0
1
0
0
0
2
0
2
0
0
0
0
0
0
20
0
0
0
0
0
0
0
0
9
0
0
0
0
0
0
12
1
0
0
2
1
0
0
1
0
6
0
0
0
4
4
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
16
1
1
9
1
2
1
1
3
5
2
1
0
8
1
9
0
1
1
8
1
4
95
1
7
2
8
1
1
2
5
34
7
1
1
1
1
4
40
4
2
1
4
3
2
1
4
1
43
1
1
1
11
9
2
1
6
1
1
2
1
2
4
1
3
1
8
合計 236 76 3 5 4 8 3 2 71 408

 

 
 昨年、Technetで、 Windows 7 活用術 の執筆をさせていただきました。
 
 今回は、SQL Server 2008 R2 の ビジネスインテリジェンス機能の記事を書くことになりました。
 
 普段は、Small Business Server で、データベースとして利用しているが多い SQL Server ですが、
 SQL Server は、データベース以外にビジネスインテリジェンス機能があります。
 すなわち、中小企業でもビジネスインテリジェンスが簡単に利用できるということです。
 
 微力ながら、SQL Server のビジネスインテリジェンスを展開したノウハウを書いています。
 ぜひ、ご覧になってください。