Active Directory ドメインサービスを 操作できるWindows PowerShell って便利ですよね。
 
 Windows Server 2008 R2 であれば、「Windows PowerShell 用の Active Directory モジュール」をクリックするだけで、簡単に使うことができます。
 Windows 7 であれば、RSAT をインストールすると、Windows Server 2008 R2  の Active Directory ドメインサービスを Windows PowerShell で操作できます。
 
 Windows Server 2008 ベースの Small Business Server 2008 は、Active Directory 管理ゲートウェイ サービスをインストールすることで、
 Active Directory ドメインサービスを Windows PowerShell で管理することができるようになります。
 
 ということで、インストール手順です。
 
 1.Windows Server 2008 SP2を適用します。
 
   このファイルは、.NET Framework 3. 5 SP1 の修正プログラムになります。
 
 3.ダウンロードしたファイルをインストールします。
  
 
 

 4.Windows Server 2008 用 Active Directory 管理ゲートウェイ サービス をダウンロードします。

 
 5.ダウンロードしたファイルをインストールします。
  
 
 
 6.Windows 7 用 の RSAT から、Windows PowerShell 用の Active Directory モジュール をクリックすると、
   SBS 2008 の Active Directory ドメイン サービスにアクセスできるようになります。
  
 
 
 
 
 
広告