Windows Server 2008 用の Windows Powershell 2.0 が公開されたので、SBS2008にインストールしてみました。
とりあえずエラーもなく、インストールできました。
1.ダウンロードサイトからプロフラムをダウンロードプログラムをダウンロードします。
 Windows 管理フレームワークのコア (WinRM 2. 0 および Windows PowerShell 2. 0)
 Windows Server 2008 x64 Edition 用更新プログラム (KB968930)
 
 
2.更新プログラムとしてインストールされます。
  
 
3.同意しますをクリックします。
  
 
4.インストールが完了すると再起動を求められます。
  
 
5.PowerShell 2.0 が使えるようになりました。(PowerShell ISEの画面)
  
 
 
もうひとつ、Windows 管理フレームワークの BITS (BITS 4. 0)もインストールします。
 
1.ダウンロードサイトからプロフラムをダウンロードプログラムをダウンロードします。
  Windows 管理フレームワークの BITS (BITS 4. 0)
  Windows Server 2008 x64 Edition 用の更新プログラム (KB960568)
 
2.こちらもPowerShell 2.0同様、更新プログラムとしてインストールして、再起動を求められます。

 
 
 Windows XP や Windows Server 2003、Windows Vista は、Windows Server 2008 では、Windows 管理フレームワークの説明
広告