ということで、状況の確認と解決方法です。
 
【状況の確認】
 SBS2008で管理しているコンピュータ(Windows SBS コンソール のネットワークタブのコンピュータ)からコンピュータを削除します。
 ここではコンピュータ「OLWIN7」が削除された状態です。
 
 
 しかし、更新プログラムを管理するコンピュータ一覧(Windows SBS コンソール のセキュリティタブのソフトウエア更新設定)には、
 削除したはずのコンピュータ「OLWIN7」が残っています。
 
 
 
 
【解決の方法】
 WSUS管理コンソールを起動し、すべてのコンピュータを表示させます。
 このとき状態は、すべてにして最新の情報に更新してください。
 
 削除したコンピュータ「OLWIN7」が表示されますので、コンソールよりコンピュータを削除します。
 
 
 コンピュータが削除された状態。
 
 
 更新プログラムを管理するコンピュータ一覧(Windows SBS コンソール のセキュリティタブのソフトウエア更新設定)を確認し、
 対象のコンピュータから削除されていることを確認します。
 
 
 
広告