前回、Windows7のバックアップを利用することで、ユーザーデータの移行が楽になるという記事を書きました。
 今回は、Windows7で強化されましたバックアップについてです。
 
 1.バックアップと復元のメニューです。
   バックアップの設定をクリックします。
 
 
2.バックアップ先を選択します。
 ここでは、新しく追加されました「ネットワークに保存」を選択します。
 
 
3.ネットワーク共有先と資格情報を入力します。
 
 
4.バックアップ先が追加されます。
 
 
5.バックアップの対象を選択します。「自分で選択する」を選択します。
  Windows7では、ファイルやフォルダ単位のバックアップができるようになりました。
 
 
6.データファイルを選択します。
 
 
7.バックアップの条件を確認します。
 
 
8.バックアップが実行されます。
 

広告