Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の 出荷候補版(RC)が発表されました。
早速入手し、インストールしてみました。
 
インストールにあたり、VHDブートの機能について確認してみました。
ベータ版のときに必要だった「bcdedit」の編集作業は必要がありませんでした。
 
構築手順は、次のとおりです。
1.VHDファイルの作成
 ディスクの管理やコマンドプロンプトを使って、VHDファイルを作成します。
 <ディスクの管理の場合>
 
 <コマンドプロンプトの場合>
  a.「diskpart」と入力します。
  b.「create vdisk file=c:\VHD\Windows7RC.vhd maximum=100000 type=expandable」と入力するとVHDファイルが作成されます。
 
 
2.VHDファイルをアタッチ
  a. DVDメディア等からマシンを起動します。
  b. 「次へ」をクリックします。
   
  c. 「コンピュータを修復する」をクリックします。
   
 
  d. システム回復オプションで、回復ツールを使用するを選択し、「次へ」をクリックします。
   
 
  e. 「コマンドプロンプト」をクリックします。
   
 
  f. 「diskpart」と入力します。
  g. 「select vdisk file=c:\VHD\Windows7RC.vhd」と入力します。
  h. 「attach vdisk」と入力します。
 
3.OSのインストール
  a. 「setup」と入力し、OSのインストールを開始します。
  b. OSのインストールが完了すると、起動メニューにインストールしたOSの名前が表示されます。
 
4.マシンの起動

広告