○SBS2008で、インターネットにアクセスするためのセキュリティグループを作成します。
1.「SBSコンソール」、「ユーザーとグループ」、「グループ」タブにある「新しいグループの追加」タスクをクリックします。
   
 
2.「次へ」をクリックします。
  
 
3.「グループ名」を”Windows SBS Internet Users”と入力し、「グループの種類」は”セキュリティグループ”を選択し、
  「次へ」をクリックします。
  
 
4.「グループの追加」をクリックします。
  
 
5.「完了」ボタンをクリックします。
  
 
6.必要に応じて、ユーザーロールに作成したセキュリティグループを追加します。
  ユーザーロールにセキュリティグループを追加すると、ユーザーロールで作成されたユーザーに自動的にセキュリティグループが追加されます。
  
 
 
○ISA Server 2006で、ファイヤーウォールルールを作成します。
7.「ISA Serverの管理」、「ファイヤーウォールポリシー」、「タスク」にある「アクセスルールの作成」をクリックします。
  
 
8.「アクセスルールの名前」に”インターネットアクセス”と入力し、「次へ」をクリックします。
  
 
9.「許可する」を選択し、「次へ」をクリックします。
   
 
10.「追加」ボタンをクリックします。
  
 
11.「HTTP」、「HTTPS」を選択し、「追加」ボタンを押します。
  
 
12.「追加」をクリックします。
  
 
13.「送信元」に”内部”を追加して、「次へ」をクリックします。
  
 
14.「宛先」に”外部”を選択して、「次へ」をクリックします。
  
 
15.ユーザーは先ほどSBS2008で作成したセキュリティグループを選択するために、「追加」を選択します。
  
 
16.「新規作成」を選択します。
  
 
17.「ユーザーセット名」に”SBS Internet Users”と入力し、「次へ」をクリックします。
  
 
18.「追加」をクリックします。
  
 
19.「Windowsユーザーとグループ」を選択します。
  
 
20.先ほど作成したセキュリティグループを選択し、「次へ」をクリックします。
  
 
21.「完了」をクリックします。
  
 
22.「SBS Internet Users」を選択して、「追加」をクリックします。
  
 
23.「SBS Internet Users」が表示されていることを確認して、「次へ」をクリックします。
  
 
24.「完了」をクリックします。
  
 
25.「適用」ボタンを押し、変更内容を反映させます。
  
 
27.ログを確認して、適用したルールが正しく動作しているか確認します。
 
 
次へつづく
 
 
広告