仮想化って便利ですよね。
以前は、サーバーやアプリケーション機能のチェックをするのに、物理サーバーを何台も用意して、
OSをインストールして、ドライバをインストールして、環境に合わせたカスタムをして初めて、
作業に取り掛かることができます。
 
しかしここまでやるのに、8時間ぐらかかったりして、やりたこと断念することもしばしば。
 
しかし、いまや15分もあれば、検証環境が用意できてしまします。
いやー便利です。
 
 
 
先日思い立って、ディスクの断片化状況を調べてみましたが、ファイルサイズが大きくなったこともあって、
ファイルの断片化がものすごいことになっていました。
使用状況にもよるとは思いますが、一つのファイルが1万以上に分割され、バラバラになっていました。
そんなものがあちらこちらに・・・。
 
早速、ディスクの最適化を開始したら、500GB(220GB使用)で1日たっても最適化しています。
そのうち終わるとは思いますが、本番運用では今まで以上にデフラグを意識する必要がありそうです。
 
 
 
 
広告