Windows Server 2008 Betaに関する記事が続いていますが、ご容赦ください。
今日は、リソースモニターについてです。
リソースモニターが、見やすくなったので、こんな実験をしてみました。
 
Hyper-Vで、仮想サーバを作るときにメモリの割り当てはどのくらいまで大丈夫なのだろうかと思ったことはありませんか。
参考データとして、ゲストOS(Windows7 Beta)のメモリの割り当てを1024MB、2048MB、3096MBと割り当てたときの
ホストOSの物理メモリ(4GB)の状況です。メモリの割り当て以外はすべて同じものを使用しています。
 
 
1.何もないとき
 
2.ゲストOSに1024MBのメモリを割り当てたとき
 
3.ゲストOSに2048MBのメモリを割り当てたとき
 
4.ゲストOSに3096MBのメモリを割り当てたとき
 
いたって普通でした。
 
 
 
広告