SBS2008のドメインに参加したクライアントからSBS2008へネットワーク接続すると、下の図のようになります。
 
 
SBS2003では、見慣れないフォルダーがいくつかありました。
 ○ Address       (Notes、SMTP、x400のアドレスにアクセスするためのオブジェクトが格納されています)
 ○ ExchangeOAB   (Exchangeのオフラインアドレス帳)
 ○ NETLOGON
 ○ Public
 ○ RedirectedFolders (ここに各ユーザーのデスクトップやマイドキュメントなどがリダイレクトされます)
 ○ SYSVOL
 ○ UpdateServicesPackages
 ○ UserShares
 ○ WSUSContents
 ○ WSUSTemp
 

広告