振り返ってみるとSBSのシステム管理者になってから10年以上経過してしまいました。
最初は、 BackOfficeという製品だったのが、Small Business Server(SBS)となり、WindowsOSのバージョンが上がるたびにSBSもバージョンも更新されてきました。
今では、SBS2008だけでなく、その兄貴分であるEBS2008やHomeServerも登場するといったバリエーション(?)も増えました。
長年管理者をしている私としては、とてもうれしい限りです。
前置きはこれくらいにして、
本日 2009年1月16日からSBS2008 のパッケージ版が発売されるので、お店へ行ってきます。
どっかで、安売りしてないかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、息子の誕生日なんです。
ちなみに、製品発表があった日は、妻の誕生日でした。
我が家にとってSBS2008は縁起ものです。
 
 
最近、投稿の準備ができていなかったので、こんなネタで済みません。
 
 
広告