SBSコンソールでサーバーの更新プログラムの自動承認機能をオフにする

SBS2008 では、管理者の負担を軽くするためにさまざまな部分で、自動化がなされています。
しかし、時としてこの自動化が、日常の管理とそぐわない部分も出てくることもあります。
サーバーへの更新プログラムの自動承認を、手動承認へ変更する場合は、以下の手順で設定を変更することができます。

1.右側の更新タスクから、「ソフトウェア更新設定の変更」を選択します。
 

 
2.ソフトウェアの更新の「サーバーの更新」が表示されます。
  サーバーの更新レベルを、「なし」を選択します。
 
 
3.更新プログラムのインストール時間は、「スケジュール」で指定します。
 

4.しばらくすると、承認待ちの更新プログラムがSBS管理コンソールに表示されます。

 

5.それぞれの更新プログラムを右側のタスクを使って展開(承認)をしていきます。

広告
カテゴリー: SBS2008. Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。