Windows Server 2008 の DC に Share Point Services 3.0 SP1をインストールしませんという方は無視してください。ところが、SBS2008 はWindows Server 2008 の DC に Share Point Services 3.0 がインストールされる環境です。
さらに、プレミアムエディションで、2台目をドメインコントローラーとして計画される方もいらっしゃると思います。マイクロソフトのサポート技術情報では、無視してもいいですよって書いてあるんですけどね。
DCOM イベント ID 10016 エラーがシステムログに記録されることがある

このエラーが出た場合は、以下の手順でエラーを回避することができます。
1.「スタート」>「管理ツール」>「コンポーネントサービス」

2.「コンソールルート」>「コンポーネントサービス」>「コンピュータ」>「マイコンピュータ」>「DCOMの構成」
DCOM_ERR003.エラーの出ているアプリケーションIDを探し出し、右クリックでメニューを表示、プロパティを選択。
 (例:アプリケーション名 IIS WAMREG admin Service
アプリケーションID {61738644-F196-11D0-9953-00C04FD919C1})

DCOM_ERR014.セキュリティタブの「起動とアクティブ化のアクセス許可」>「編集」を選択

DCOM_ERR02
5.「追加」ボタンを押し、足りないユーザーとアクセス権を追加
(ここでは、NETWORK SERVICEを追加)
 DCOM_ERR03
広告